大事に育てれば育てるほどきれいな花を咲かせるキク

キクに込められた意味

フラワー

種類や色で変わる花言葉

キクにはたくさんの花言葉があります。品性が備わった意味を込めた花言葉から、愛情や強さを表す花言葉までキクの種類や色によって異なった意味を持っています。可憐で気品ある花を咲かせるキクにピッタリな花言葉がたくさん込められています。その中でも共通しているのは大切な人や特別な人に贈る花とされていることです。キクは愛情をもって育てることで、それに応えて綺麗な花を咲かせます。繊細であるためたくさんの手入れが必要になるキクですが、その分立派で可憐な花びらを1年の終わりに見せてくれることでしょう。キクの育て方を知って自分で育てたキクを大切な人にプレゼントしてみてはどうでしょうか。大切な人へ大切に育てたキクを贈りましょう。

READ MORE

キクの栽培方法

花

美しい花を咲かせるために

キクを美しく育てるためには、たくさんの愛情が必要になります。キクは手をかければかけるほど、大事に育てれば育てるほどきれいな花を咲かせるとされています。可憐な花を咲かせるため、見ていて美しいキクは観賞価値の高さだけでなく、愛情をかければかけるほど美しい花を咲かせるので育てる楽しさもキクの魅力の一つです。また、魅力的なキクは見て楽しむだけでなく、大切な人や特別な人に贈るものとしても人気が高い花です。花言葉には高貴や高尚といった気品高いイメージが定められています。そのため、古くからは皇室の家紋として定められていることや、明治天皇が西郷隆盛に贈った花とされるほどで、品格の尊重を表す花とされています。それに、白のキクは思いやりの意味や慎む心の表れとされていて仏花や献花に使用されています。品格や誠実さを表す花としてキクは使用されることが多いです。そんな美しく気品高いキクの花を育ててみましょう。

日光を多く与えて育てる

キクは1年の終わりに花を咲かせます。辛抱強い栽培が必要となる花です。キクの苗は鉢を用意してそこで育てるか、庭に直接埋めて育てる方法があります。鉢に植える場合はキクの苗よりも大きな鉢で育てましょう。庭に埋めて育てる場合は日光がよく当たる場所を選び、水分が溜まりづらい水はけの良い土の場所を選んで植えてください。複数の苗を同時に育てるのであれば、株同士の間隔をなるべく空けるようにして育てましょう。日を多く浴びることを好む花で1日に10時間以上日を浴びることができる場所で栽培をしてください。水やりの方法は、あまり多くの水を好まなく水分が多すぎると根腐れを起こしてしまう可能性があります。完全に土の表面が乾いている時に水を与えるようにしましょう。鉢植えで育てているのであれば、苗が育つ期間は1日に2回ほど、休眠期に入れば週に1回ほどの水やりで大丈夫です。

肥料を与えることが大事

キクが綺麗に花びらを咲かせるためには肥料が欠かせません。キクは肥料食いと呼ばれるほどたくさんの肥料が必要になる花です。リン酸成分が含まれている肥料を好みます。秋に入るまでは3週間に1回ほど乾燥した肥料を定期的に与えて下さい。乾燥肥料は米ぬかと魚粉を発酵させた専用の肥料がおすすめです。それから、秋を過ぎたあたりから開花する直前まで週に1回ほど頻繁に肥料を与えます。この開花直前までの時期は乾燥肥料から変えて、リン酸とカリウムを多く含んだ液体肥料を使用して下さい。液体肥料は乾燥肥料に比べて早い時間で吸収することができるので、たくさんの肥料を必要とするキクが花を咲かせる栄養が欠かせない時期には液体肥料が望ましいです。また、肥料を欠かせないとされているキクですが、与え過ぎには注意しましょう。肥料の与え過ぎによって病気にかかってしまう危険性があります。肥料の適量を正しく守って与える必要がありますので注意しましょう。キクは年間を通して花を咲かせるまで、手入れがとても重要になる花です。ですので、肥料の調整や水の与え方を間違えると病気にもなりやすくなってしまいます。本格的なガーデニングを目指して、大事な人や特別な人に愛情かけて自分で育てたキクを贈ってみてはどうでしょうか。品性溢れるキクの育て方を知って、自分の手作りのキクを大切な人にプレゼントしましょう。